人間力を高める読書法 武田鉄矢著 

毎週一冊の本を三枚におろし解説してくれている
武田鉄矢・今朝の三枚おろしの書籍化
隙間時間で読破

なかなか本が読めない中
ジャンルの違う本を解説してくれるので
本当に助かります。

1行バカ売れ●
GOWILD 野生の体を取り戻せ
ザ・ラストマン
体にいい食べ物はなぜコロコロと変わる
失敗の本質
修行論●
持丸長者
狼の群れと暮らした男
日本語が世界に平和にするこれだけの理由
アドラー心理学入門
福井モデル 未来は地方から始まる。
しらずしらず●

なんと12冊の本を解説してくれているので
本当にありがたいです(-_-;)

本の中にも書いてありますが
○○するための5つの方法といったメソッド的な書籍が多くなっていますが
その知識は別のところでは無意味な知識になってしまいます(-_-;)

いろいろなジャンルの本を読むキッカケとして
お勧めの一冊だと思いますよ(-_-;)
●印の本は実際に購入しました。

気になるマインドセット抜き出し

・証拠があって確信に至るという確信は頼りない
・私を見るな私が見るものを見なさい
・上司、目上の人を認めたとき、自分もそのレベルに達する。
・メソッドを学ばないで知識を学ぶ
・まだ素晴らしいことが待っているんだ
・敵の動きが気になるのは敵に心が行っているからだ。
・努力と成果を数値的に現認したいという欲望は体の使い方のブレーキになる。
・魚はなぜ泳げるのか、それは水の抵抗があるから。
・あなたの9割を支配しているのは無意識
・点を結べ
・100点を知っていないと減点法で採点できない。
・地獄を見たとき人は成長する。
・100点満点で51点とればよい。
・人間は動かなければバカになる。
・食性が単純になると脳は縮む etc

 読むたびに気づきが変化する本
 何度も読み返したい本ですね(-_-;)
 
今は知識人としてリスペクトしていますが、
昔は・・・
刑事物語の蟷螂拳やハンガーヌンチャク
ハンガーヌンチャクで人差し指の皮がベロベロになったり(-_-;)
かなり影響されていました
今でもたまにやりますが・・・

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。