身近なパワースポットの見つけ方

リオオリンピック始まりましたね♪

オリンピックの放送を見て
身近にパワースポットがあったんだと再認識しました。

『ハワイのダイヤモンド ヘッドに行ってきたのですが
何も変わりません。生活が苦しくなりました。
方位が悪かったんですか?』

『沖縄の斎場御獄に言ってきたのですが
人間関係で問題が・・・、何か悪いことしましたか?』

など、ご質問を頂くことがあります。
目的と原因を考えると言いたい事は沢山あるのですが、やめといて(^_^;)

今回は身近なパワースポットの見つけ方を紹介したいと思います。

パワースポットの見つけ方の前に・・・
パワースポットって何なんでしょう(^_^;)

・富士山
・皇居
・明治神宮(東京)、「清正の井戸」
・九頭龍神社(神奈川・箱根)
・日光東照宮(栃木県)
・分杭(ぶんぐい)峠・ゼロポイント(長野県)
・伊勢神宮(三重)
・鞍馬寺(京都)
・熊野古道(和歌山)、世界遺産
・足摺岬の巨石群(高知県)
・天岩戸神社(宮崎県・高千穂)
・出雲大社 etc

あげればキリがありませんね(^_^;)

私の考えるパワースポットの考えたかの一つに
相似象学というものがあります。

『抜粋』
http://www.narasaki-inst.com/soujishou1.htm

農山村地域あるいは都市郊外で遠方の山々から森や林、
手前の田や畑まで見渡せる場所に立って周囲の景観を観察してみる。

半径5メートル程の円周上を歩くと、
そのどこかの地点で遠方の山々の凹凸に相わせ
その手前の森林の樹木の上際曲線の凹凸の形、
目の前の田畑の農作物や道路、生垣、堤の草木の
凹凸の姿が一直線上で相似の象(姿・形)
をしているのが観察できる。

地球上の表層に賦存する自然物は、
その形態容相が重深的に互に相似する”
とする相似象学でいう相似象の典型的な例である。

ビルの屋上から眺めてみると
高い建物が一直線上に並んでいるケースを見かけます。
土地の持ち主は別々なのに本当に不思議な現象ですよね。

勘の鋭い人は気がつきましたよね。

高い建物が建つところ
= 山々からのエネルギーが流れくるライン上

身近なパワースポットとは、
身近な高い建物・建造物という事になります。

リオオリンピックのコルコバードのキリスト像
を見て、改めてこの事に気がつきました。

●コルコバードのキリスト像
高さ39.6メートル(内台座の高さが9.5メートル)
左右30メートル

●自由の女神
像の高さは約46メートルで、
台を含めると93メートルに達する。
1984年、世界遺産(文化遺産)に登録された。

●牛久大仏
日本の茨城県牛久市にあるブロン製大仏立像
全高120m(像高100m、台座20m)
立像の高さは世界で3番目だが、
ブロンズ立像としては世界最大。
浄土真宗東本願寺派本山東 .

高い建物・建造物
景色が一望できると所はぞれだけで
パワースポットになるのではと考えています。

できれば仏像や木・石などが良いのですがその理由としてあるのが・・・

【自分自身がちっぽけに見える事。】

調子が上手くいかない。
イライラする。
体調が良くない。
問題を抱えている。
行き詰っている。

こういう時のほとんどが自分本位になっています。

自分自身がちっぽけに感じ
何を悩んでいたんだろうと客観的な意識なることに
よって気分がリフレッシュできるのではと考えています。

遠方のパワースポットに旅行するのも良いのですが、
運と引き換えにしなければいけないものがあります。

それは

【時間】 【お金】 【他人の協力】

このバランスが崩れると、行き損になる可能性が(^_^;)

書籍やインターネット、観光業界の策略に踊らされないよう
自宅の近所、隣県でも
自分にあったパワースポットを見つけてくださいね(^_^;)

今回の投稿が、あなたのお役に立てれば嬉しいです♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク